事業案内Business

創業20年業界屈指の
企業へ成長。
土木専門工事業者としてさらなる飛躍を目指します。

当社は1995年会社設立時、各建設会社の下請業者として、発展してまいりました。
現在は、中央官庁・東京都・神奈川県・横浜市等の元請業者としても工事を行っており、 都市土木においてほとんどの工事を経験し、現在に至っております。
そしてこれからも元請・下請を問わず土木専門工事業者として都市のインフラを支えてまいります。

安全・あんしんを追究した
品質への取り組み

土地造成 Land preparation

宅地や用地など建物の地盤を作るため、土地を造成します。

軟弱地盤・土壌汚染に対応し、利用目的にあった形状に整え、
住宅や施設建設などに利用できるよう造成し、ライフラインを整備していきます。

橋梁Bridge

交通の利便性を支える機能と調和の技術

障害となる山や川を超えて道路や鉄道を結びつけ人やモノの流れを円滑にする橋梁は、 現場を十分に理解して工事を施工しなければなりません。
地域環境、自然環境、景観への調和に配慮し、安全・強固で地域のシンボルとなる橋脚を構築します。

道路Road

物流ネットワークを支える確かな技術

暮らしの動脈となる、広域で機能的なネットワークである道路を整備します。
道路の総延長は116.2万Kmあり、我々にとって最も身近な交通システムです。
そして何気なく作られているように見える道路にも、美観や景観、振動や騒音への配慮、交通渋滞の解消や安全性など、実にさまざまな工夫が施されています。

耐震Earthquake resistance

自然災害に備え復興の動脈を守る先進のテクノロジー

地震による地盤上や地中の構造物が倒壊するのを防ぐため、耐震工事をします。
地震の揺れに対処するには、構造物の耐力と剛性を高めて、構成部材には粘りを持たせ、地震に対し粘り強く耐えるようにします。

施設整備Facility maintenance

進化するインフラのポータル設備

様々な施設の整備をすることで、ライフラインを円滑にします。
上水道での浄水場・配水池、下水道での処理場。高速道路での料金所や河川での排水樋管など、様々な設備が施設を支えています。

河川River

多様化する治水事業に信頼の実績でこたえる

河川での治水、利水の環境保全がなされるよう、維持管理する上での整備工事をします。
堤防の決壊を防ぐため、コンクリートブロックなどを積み、護岸を設け、更に護岸にも自然石や植生を用いて、堤防が削られたり、崩されたりするのを防ぎます。また、浚渫(川底をさらって土砂を取り除くこと)も行われ、河川の氾濫を防いでいます。

上下水道Water supply and sewage system

高度なアンダーグラウンドテクノロジーでインフラを築く

生活にかかせないライフラインである、上下水道の整備をします。
都市の多くは、上水道の水源を川に頼っています。大きな川や湖から取水堰によって水を取り込み、導水管で浄水場に送り、その後配水池へと送られ、給水本管で各地域へと配水されます。
使われた水は汚水として下水道へ流され、処理場に送られます。雨水も下水管で集められ処理場に送られます。

外構・営繕Outer structure / maintenance

外構工事、営繕工事も技能と調和の信頼の技術

大規模工場など敷地内にある道路や関連施設、駐車場や駐輪場など建物本体以外の外部廻りの外構工事で、場内作業が効率的に行えるよう整備します。また、舗装工事や建物の営繕、修繕工事も行います。
作業の安全と効率アップに貢献する様々な技術と工夫が施されています。

グラウンド整備Ground maintenance

利用者が安全に過ごせるグラウンドを整備します

健康的で明るい社会に貢献するため、グラウンドを整備します。
グラウンドは様々な利用者が毎日を健康的に生きるために必要なスポーツ施設です。より安全で、より耐久性に優れるよう我々の技術が生かされます。

Projectテクノジャパンの施工中工事